Skip to content →

初めてで不安なあなたへ!心療内科の受診・治療方法


そもそも心療内科って?

心療内科は文字通り内科に含まれるものです。つまり、手術をするような外科的な治療方法ではなく、「薬剤の投与」などの内科的治療が基本的に行われます。

知っておくことで有利に、心療内科と精神科の違い!

「心療内科と精神科の違い」と聞かれても、答えがパッと出てくる方はあまり多くないかもしれませんね。しかし双方にはしっかりと違った役割があり、それを知っておくことであなたが受診をする際により効果的に心の悩みを解決することにつながります。

精神科が「心に現れた」症状を取り扱うのに対して、心療内科では「心を原因とした」症状を取り扱います。

例えば、

・職場や学校に行こうとすると、吐き気・腹痛がする

・検査をしても異常が無いのに、動悸・食欲不振が続いている

といった例が心療内科での受診にあたります。一方で、

・イライラや不眠などが続いている

・幻覚や被害妄想に苛まれるようになった

といった場合には、精神科がより受診には適しています。

具体的にどんな治療をするの?

いざ心療内科を受診してみるとなって、どのような治療が施されるのでしょうか。

心療内科では薬剤の投与だけではなく、生活指導やカウンセリングが行われます。

規則正しい生活や正しい薬剤の投与によって調子を整えたり、医師との対話を通じて心の様々な問題を解消していく、というわけですね。

ためらわずに受診を!

心療内科となると、一般的な内科にかかるより心理的なハードルが高いと感じてしまう人もいることでしょう。

しかし人の心は繊細なものです。段々と抱え込んでいくうちに深刻なまでに症状が進んでしまうことだってあるのです。

単なる気分の問題だから、と片付けてしまうのではなく、自分を労って、心の健康を保っていきましょうね。

安心して通える心療内科を新宿で探すなら、受診前に医院の情報を把握することが大切です。診療曜日や時間、駅からの距離をチェックし、自分の都合に合わせて無理なく通えるかどうかを確認しておきましょう。