Skip to content →

ガーデニング霊園を選ぶ前に!知っておきたい2つのデメリット


都市近郊で人気のガーデニング霊園とは?

ガーデニング霊園とは、首都圏の生活圏からほど近い所で、公園のような形態で運営されている霊園です。これまでの霊園やお墓のイメージとは違って、明るく、散歩がてらお墓参りが出来ると人気になっています。しかしそんなガーデニング霊園にも知っておきたいポイントがいくつかあるのです。その中でも特にデメリットになりかねない、そんな2点について紹介します。

デメリット1コストがかかる

ガーデニング霊園は公園のように、敷地内は綺麗に整備されているのが特徴です。四季折々の草花が咲き、霊園を活気あふれる場所にしてくれています。しかしそのような行き届いた管理を行うには、利用者に管理費などをもらって運営していかなければなりません。そのため場合によってはお寺の檀家として、お布施をするよりもコストがかかってしまう可能性があるのです。また普段の入園には入園料が掛かる所もあるなど、毎日の散歩ついでに霊園へ足を運びたいという人にはあまり向かないかもしれません。

デメリット2どんな宗教のお墓と隣になるかわからない

現代の日本では宗教の多様化が進んでいます。宗派によっては線香をたてたり、供え物や花なども様々異なります。そのためお墓のご近所トラブルが起こってしまう可能性があるのです。お墓参りに来る人にアレルギーがあったり、また供え物などを狙って虫や害獣なども出てくることが考えられます。その点では、宗派や地域で決まったルールのあるお墓とは違った対応が求められます。基本的にガーデニング霊園は民間企業が運営を行います。そのため霊園のある地域に影響を与えるなどしないと厳しい持ち込み物の制限などは行いません。他の宗派や宗教のお墓の供え物などに不安がある場合は、ガーデニング霊園は適さない可能性があります。

いせやでガーデニング霊園